母から娘へ伝えておきたいこと発信中!

食事は体と心の栄養!作る人も食べる人もお互いに思いやることが大事

自分磨き
この記事は約3分で読めます。

毎日、3回食事していますか?

生活スタイルによっては、

1日3食食べている人もいれば、

食べていない人もいるかもしれません。

朝ごはんを食べない、

夜ごはんを食べない、

サラダだけ、栄養補助食品だけ、

炭水化物を抜いている、

ダイエットをしている、

簡単なものだけ、

買ってきたものだけで済ませる、

家族そろって食べる、

ひとりで食べる、

外食が多い…

人それぞれ、

いろいろなスタイルがあると思います。

それがいいとか、悪いとか、

健康的なのか、

正しいのか間違っているのかは、

ひとまず置いておいて、

特別な事情がない限り、

1日何も食べないという人は

あまりいないでしょう。

スポンサーリンク

食事は体と心の栄養

食事は体の栄養でもあり、

心の栄養でもあります。

体の栄養とは、そのままの意味です。

私たちの体は食べたもので作られています。

食べたものから栄養を吸収して、

血や肉や骨を作ります。

これは、小学校の理科や家庭科でも習います。

心の栄養とは何でしょう?

食べること自体によって、

心が満たされたり、

家族や友達と一緒に食べることで、

楽しい気持ちになったり、

癒されたりすることです。

好きなものを食べる、

誰かと共有することで

心の栄養が摂れます。

スポンサーリンク

食事を作る人と食べる人

食事をするには、

作らなければ

食べることはできません。

普段の食事は誰が作りますか?

自分?お母さん?お父さん?

家族の誰か?

外食やテイクアウトならお店の人?

家で食べる時も

お店で食べる時も

誰が準備してくれたものを食べるはずです。

作る人は食べる人のことを、

食べる人は作る人のことを

考えることが大切です。

作る人

料理は準備から仕上げ、

片付けまで体力も頭も使います。

料理上手になるには、

手順よく清潔にすることが大事です。

食べる人

『命をいただきます』を忘れずに!

マナーや形式も大事だけど、

感謝の心がより大切です。

作ってくれた人にはもちろん、

命を差し出してくれた動物や植物、

それを生産してくれた人がいることを

忘れてはいけません。

スポンサーリンク

食事のマナー

マナーと聞くと堅苦しいもののように

感じる人もいるかもしれません。

マナーは料理の形式ごとに

違うことも頭にいれておく必要があります。

国や地域、風習、生活習慣など

料理の数だけマナーは存在します。

知らないよりは、知っている方がよくても、

自分が知っているマナーが全てに

通じるものではないと覚えておきましょう。

マナーで一番大事なことは、

周りの人を不快にさせないことです。

良かったらこちらの記事も読んでみてくださいね。↓↓↓

スポンサーリンク

食事を作る人も食べる人もお互いに思いやることが大事!

作る人は、

食べる人の健康や笑顔のために

気持ちを込めて作ります。

食べる人は、

作ってくれた人や生産してくれた人、

命を差し出してくれたものに

感謝をしていただきます。

食事をする時、誰と食べる時はもちろん、

ひとりで食べる時でも、

感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね。

自分磨き
スポンサーリンク
シェアする
ママトコblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました