母から娘へ伝えておきたいこと発信中!

ホイップクリームにいろいろなフレーバーの混ぜる方法

お菓子
この記事は約3分で読めます。

ホイップクリームは

そのままでもおいしいですが、

フレーバーの混ぜ方を知っていれば

もっといろいろな味を楽しめますよ!

スポンサーリンク

生クリームの味付け

生クリームに味をつけたい時ありますよね!

チョコ味とか、イチゴ味にしたい!

ただ混ぜればいいんでしょ!

でも、ちょっと待ってください。

混ぜるものによって、

混ぜ方がかわってきます!

単純に混ぜればいいわけではありません。

残念ながら、市販の生クリームのパッケージには

砂糖を混ぜる方法しか載ってません。

基本の生クリーム

《砂糖》だけを混ぜて、

白いホイップクリームを作ります。

  1. 生クリームを氷水に当てながら、少し泡立てる。
  2. 砂糖を加えて、好みの固さまで泡立てる。

《ポイント》

  • 使うボウルや泡立て器の水気はしっかり拭いておく。
  • 混ぜている時も水が入らないようにする。
スポンサーリンク

ホイップクリームにいろいろなフレーバで味をつける

クリーミーな生クリーム

砂糖の代わりに《練乳》を加えると

よりクリーミーなホイップクリームになります。

  1. 生クリームに練乳を加える。
  2. 氷水に当てながら、好みの固さまで泡立てる。

《ポイント》

  • 使うボウルや泡立て器の水気はしっかり拭いておく。
  • 混ぜている時も水が入らないようにする。

チョコレート

チョコケーキのデコレーションなどには、

《チョコレート》を混ぜて

チョコホイップクリームにします。

  1. 刻んで溶かしておく。
  2. 全量の生クリームから一部を溶かしたチョコの中に加え、泡立てる。
  3. 残りの生クリームを加えて、好みの固さまで泡立てる。

《ポイント》

冷やし過ぎないこと!

(チョコが固まってつぶつぶに残る)

あんこ

どら焼き、大福などに和風のお菓子に使えます。

  1. 生クリームを泡立てる。
  2. 好みの固さまで泡立ててから、あんこを加え、ヘラで混ぜる。

《ポイント》

粒あんの場合

 →粒を潰さないように混ぜ合わせる。

ジャム

ロールケーキに巻き込むと華やかに!

  1. 生クリームを6分くらいまで泡立てる。
  2. ジャムを加えて、好みの固さまで泡立てる。

《ポイント》

水っぽいものは混ぜ込むのに向いてません。

抹茶

和風のケーキを作りたいときは

抹茶を混ぜたホイップクリームがきれいです。

  1. 抹茶を少量の水で、ダマができないように溶く。
  2. 生クリームを少し泡立てる。砂糖も加えて、また少し泡立てる。
  3. ①を加えて、好みの固さまで泡立てる。

《ポイント》

抹茶を溶く水が多すぎないようにする。

スポンサーリンク

いろんなフレーバーで楽しめるホイップクリーム

ホイップクリームの基本は、

  • 使うボウルや泡立て器の水気はしっかり拭いておく。
  • 混ぜている時も水が入らないようにする。

これを守れば、初心者でも上手に

泡立てることが出ます。

それぞれのフレーバーを混ぜるポイントにも

注意して、

いろいろなフレーバで楽しんでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました