母から娘へ伝えておきたいこと発信中!

材料は同じなのに違うもの?パウンドケーキとマドレーヌの違い

この記事は約2分で読めます。

作ったことのある人なら

疑問に思ったことがあるはずです。

「パウンドケーキ」と「マドレーヌ」

材料は同じで、形が違うだけなんでは?と。

スポンサーリンク

パウンドケーキとは

パウンドケーキとは、

バター、砂糖、小麦粉、卵を

同じ量(1ポンド)で作るケーキです。

  • ルーク状に中央を盛り上げて焼くケーキ
  • ほかのケーキよりも日持ちする。
  • イギリスのお菓子。
スポンサーリンク

マドレーヌとは

マドレーヌとは、

バター、砂糖、小麦粉、卵を

同じ量で作るケーキ です。

・貝殻の型で焼くこと。

昔、フランスのマドレーヌという女性が

ホタテの貝殻を使って焼いたとされる説がある。

(諸説あり)

スポンサーリンク

やっぱり同じ材料!形が違うだけ?

どちらも バター、砂糖、小麦粉、卵

同量使うケーキです。

では、何が違うのか?

違いはバターの使い方

パウンドケーキはバターを溶かさずに、

砂糖とすり混ぜてホイップして空気を含ませて作る。

マドレーヌは溶かしたバターを最後に入れて、

しっかり艶が出るまで混ぜて作る。

スポンサーリンク

似ているようで違うお菓子だよ!パウンドケーキとマドレーヌ

材料も分量の割合も同じ

違うのはバターの使い方と形

パウンドケーキは、

ルーク状の山型でバターと溶かさずに使うケーキ、

マドレーヌは、

貝殻の方でバターを溶かして使うケーキ。

似ているようで違うお菓子なんです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました