母から娘へ伝えておきたいこと発信中!

【シンプルパン】基本のレシピ強力粉とイーストを用意すればすぐできる!

パン
この記事は約5分で読めます。

パンはお好きですか?

焼き立てのパンの香りは幸せな気持ちなります。

この記事のレシピは、

強力粉とドライイーストを用意して、

オーブンがあれば

あとは、どこの家にもあるものだけで、

すぐにパンが焼けます。

シンプルなので、アレンジも自由です♪

トコちゃん
トコちゃん

焼き立てのパンはおいしいよね〜

ママ作って!

ママ
ママ

ずいぶん簡単に言うのね(困)

パン作りってめんどくさいのよ?

トコちゃん
トコちゃん

小麦粉と水を混ぜて焼くだけでしょ?

すぐできるよ!

ママ
ママ

わかってないな〜

パン作りはね、

材料をそろえる、計る。

こねるのに力もいる、

発酵させるのに時間もかかる。

当然、オーブンや道具の片付けもしないといけないのよ(泣)

スポンサーリンク

【シンプルパン】基本のレシピ

焼き立てのパンは食べたい!

でも、作るのも、後片付けもめんどくさい。

そこで、考えました!

なるだけシンプルな材料で、

道具も家にあるものでできるパン!

用意するもの

ボウル

ゴムベラ(シリコンなどでも可)または、

スケッパー※スケッパーがない場合は包丁も用意する。

こねる板(大きめのまな板でも可)

すべり止めのための台布巾

ボウルにかけられるくらいの大きさの布巾

はかり、計量カップ

オーブン、鉄板

オーブンシート

クーラー(焼き上がったパンを乗せて冷ますアミ)

材料

【手のひらサイズ6コ分】

強力粉…200g

ドライイースト…小さじ1

砂糖…大さじ1

塩…小さじ1/2

バター…15g

水…130cc

作り方

1.ボウルにバターと水以外の材料を計る。

2.バターは別の容器に計っておく。水は計量カップで測っておく。

3.①のボウルに水を加えて、手で混ぜてなじませる。

4.なじんだら、こね板に出して粉気がらなくなるように力を込めてこねる。

5.ある程度まとまったら、バターを加えてこねる。最初はベタつくが、こねているうちにまとまってくる。

6.生地全体がまとまってツルンとしたら、こねあがり。きれいに丸めて、最初のボウルに戻して、固く絞ったぬれ布巾をかけて、あたたかいところにおいて一次発酵を40分する。

※一時発酵終了の目安は、指に粉(分量外)をつけて、突き刺してみて、戻ってこなければオッケー。

7.一時発酵が終わったら、軽く全体をこぶしでつぶして、ガス抜きする。

8.丸めなおして、こね板に取り出し、スケッパーで6等分にして、それぞれを丸める。

9.分割して、丸めた生地にぬれ布巾をかけて、ベンチタイムを10分とる。

10.ベンチタイムが終わったら、一度生地を優しくつぶしてガス抜きしてから、好きな形に成形する。触っていない生地にはぬれ布巾をかけておいて、生地が乾燥しないようにしておく。

11.成形が終わったら、ぬれ布巾をかけて、あたたかいところで30分ニ次発酵させる。

12.二次発酵が終わる時間に合わせて、オーブンを予熱する。焼く温度は200℃。鉄板も入れて、あたためておく。

13.二次発酵が終わったら、オーブンシートを敷いた鉄板に並べて、オーブン(200℃)で、15分焼く。

14.焼き上がったら、クーラー(アミ)に乗せて粗熱をとる。

スポンサーリンク

【シンプルパン】作り時のポイント

作る工程だけ見ると、

めんどくさいように思いますが、

要は、

ボウルに材料はかって、

こねて、発酵させて、

オーブンで焼くというシンプルなものです。

細かく書くと、どうしてもめんどくさく見えます。

いくつかポイントを抑えれば

簡単に上手にできますよ。

  • バターはあとで入れる!
  • 発酵は足りなくても、しすぎてもだめ!
  • 生地が乾燥しないようにする!
  • オーブンと鉄板は必ず予熱する!

こねあがりを見極めるのが難しいかと思いますが、

だいたい15分くらいこねたら、

ツルンとした生地になります。

素人がこねすぎることはあまりないので、

心配ならツルンとしてから、

あと1〜2分追加してこねるといいかもしれません。

逆にあまり長い時間触っていると

生地が乾燥してしまうので、注意が必要です。

生地が乾燥すると、

焼き上がった時に固い仕上がりになってしまいます。

裏技(⁈)としては、

一次発酵まではホームベーカリーでもできます。

めんどうなこねるところまでは

ホームベーカリーを使って、

楽しい成形のところだけやるということです。

機種によっては途中で止められないものもらあるのて、

お持ちの方は、おたしかめの上ご使用くださいね。

スポンサーリンク

【シンプルパン】だからアレンジも自由!子供と作っても◎

この分量で手のひらサイズ6コくらいが作れますが、

ひとつの大きなパンにしてもいいし、

もっと分割して、数を増やした小さいパンでも大丈夫です。

あまり小さくしすぎると、

同じ温度で同じ時間焼くと焦げてしまうので、

様子を見ながら焼いてくださいね。

焼き上がりの目安は、

パンの底がいい色になっていれば

中まで焼けています。

生地がシンプルなので、

菓子パンにも、惣菜パンにもなります。

焼く前に混ぜてもいいし、

乗せたり、はさんだりしてもおいしいです。

焼く前に入れるとおいしい

  • チョコチップ
  • くるみ
  • チーズ
  • ベーコン、ハム、ウインナー
  • レーズン
  • ドライフルーツ
  • カスタードクリーム

※ココアや抹茶など、粉を混ぜたい時には強力粉の量を調整する必要があります。

焼いた後に乗せたり、はさんだり

  • ジャム、バター
  • コンポート
  • ハム&チーズ
  • 生クリーム&フルーツ
  • お好みのサラダ
  • 昨日の夕食の残ったおかず

材料も工程もシンプルなので、

子供と一緒に作っても楽しいですよ!

多少材料が多くなったり、少なくなったり、

こねが足りなくても、

形になれば大丈夫!

おうちで焼き立てのパンを楽しんでくださいね。

簡単なカスタードクリームの作り方はこちら↓↓↓

やっぱり作るのはめんどう!

でも、焼き立ては食べたい!という人は

冷凍パンはいかがですか?↓↓↓

パン
スポンサーリンク
シェアする
ママトコblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました